<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チンクエテッレ帰国後談話21・・・3日目のla cena;肉

c0101985_10441075.jpgヴェルナッツァの駅から数分で、私たちはモンテロッソに帰って来ました。

さて、これからはお楽しみの夕食です。
一日の観光が終わっても、まだ今日のお楽しみは全て終わってはいないのです。

今日の夕食は肉、と決めていました。
前もって、肉屋がどこにあるかもリサーチ済み。
私たちはモンテロッソの駅からアパルタメントとは反対方向の、街の方に向かって歩き出しました。

10分ほどで街に着きます。






c0101985_10462359.jpg




肉屋の肉は塊のままで売っています。

肉屋のお姉さんは、一応肉の説明をしてくれましたが、これは豚だとか牛だとか、見ればわかる程度のことと、値段しか聞き取れませんでした。
とりあえず、見た目でだいたいのことはわかります。

そんなに安くはない、牛のしっかりした赤身肉を、1cmくらいで2枚切ってくれるようにジェスチャー混じりで頼みましたが、実際には2枚目は厚くなってしまい、総重量は700gを超えていました。

女性5人で700gの肉が食べきれるのか?
と、このときはかなり不安・・・。足りないよりはいいのでしょうが。






c0101985_196369.jpgc0101985_1984661.jpg肉は、シンプルにニンニクと塩胡椒で味付け。
肉の味を楽しむ気満々です。
日本でも、脂の多い柔らかい肉だけでなく、赤身肉のおいしさも最近見直されていますよね。

c0101985_19135042.jpg


焼きあがりはこんな感じ。
食べやすく切り分けてから食卓に運びます。

心配した700gですが、赤身のせいか雰囲気のせいか、5人でペロッと平らげてしまいました。
そして期待通り、脂に惑わされずに肉の旨味を味わえて、胃もたれすることもなく、大満足でした。
日本だとスーパーで買うような赤身肉は、噛み切れないような味のないものがまだ多いように感じますが、こういう赤身肉も簡単に食べられるようになるといいですね~。




c0101985_19145428.jpg








この日の他のメニューはごらんの通りです。
trofieは大活躍で、前日と同じポルチーニに加え、この日はゴルゴンゾーラをミルクで少しのばしたものも絡めて食べました。違ったティストでどちらもそれぞれにおいしかったです。

あとは野菜と生ハム、リコッタチーズなど、リピートメニューです。
どれも、ここで食べておかないともうしばらく食べられないものばかり。リピートで飽きるということもなく、堪能しました。
[PR]
by agrumi | 2013-06-12 22:41 | チンクエテッレに住みに行こう!

チンクエテッレ帰国後談話20・・・4つ目の街、ヴェルナッツァ

c0101985_10114683.jpgヴェルナッツァは洒落た雰囲気の街です。メインストリートのジェラテリアでジェラートを食べ、ゆっくり歩いて行くと海に出ました。
人が多く、にぎやかでした。

入江はとても狭く、小さなリゾート地、という印象。あまり落ち着きはないかもしれませんね。でも、楽しい空気です。
しかしリオマッジョ―レのように散策する小道のようなものは海の近くには見当たらなかったので、私たちは海辺の教会で少し涼んだ後、内陸の方に戻ってみました。
そして高台に塔跡のようなものがあったので、そこまで行ってみることにしました。











道は、石が敷いてあるところもあれば土がむき出しのところもあり、歩きにくい道のりで、こっちに行けば城、みたいな看板はあるものの、本当に辿りつけるのか若干不安でした。

c0101985_10194691.jpgc0101985_1019586.jpg
















下の街はだんだん遠のき、空が近くなっていきます。

c0101985_10205590.jpgc0101985_1021546.jpg
c0101985_10214970.jpg














目指す塔についてみると、そこはBarになっていました。
愛の小道同様、私たちはまたとっても贅沢な気分で海と街を眺めながらレモネードを飲んで喉を潤しました。

帰りの列車の時刻に合わせて下に降り、5つ目の街となるマナローラに帰ったわけですが、最終目的のない、街めぐりの過程そのものを楽しむことが目的の1日は、ゆっくりと暮れていきました。
[PR]
by agrumi | 2013-06-03 12:05 | チンクエテッレに住みに行こう!

チンクエテッレ帰国後談話19・・・コルニリア散策と昼食

c0101985_23173671.jpgコルニリアは、海に開けていないので、上空にこぢんまりまとまった感じの街です。
特徴といえば、港がないことぐらいで、他のチンクエテッレの街と比べて格別な美しさはありませんでした。

海側を臨めばこんな感じ、

















c0101985_2318915.jpg


山側を臨めばこんな感じで、とても素朴な街です。

もし、時間がタイトな中でチンクエテッレを周るとしたら、マナローラとコルニリアは省いていいかもしれません。華やかさはあまりありません。
逆に、私はこれといった見どころもないと思ったまま帰ってきてしまったコルニリアでしたが、名所をご存知の方がいらしたら教えていただきたいです。

しかし時間が許すなら、マナローラとコルニリアは観光地観光地していない素朴さが逆に売りだと思うので、そこを味わうにはいいでしょう。







c0101985_23181130.jpgとはいうものの、この眺めは一見の価値はありますね。
土産物屋が並ぶメインストリートらしきところを抜けて海につきあたると、素晴らしい景色が広がっていました。

写真では一角しかとらえられないのが残念ですが、この水平線と空が、180°広がっているのです。

しばらくうっとりと、このバルコニー型の広場から海を眺めていました。
通りから広場に出て来た各国の観光客たちは、みな軽い感嘆の声をあげながら海の方に近づいていきます。










c0101985_23203661.jpgちょうどお昼時になったので、ここで昼食をとることにしてPIZZERIAに入りました。
格別なことはありませんでしたが、普通に満足できました。

もっと探せば地元の名店があったのかもしれませんが、どこをどう歩いたらよいのかよくわからず…。あの…道があんまりないというか…。
c0101985_23184429.jpg
[PR]
by agrumi | 2013-06-01 23:35 | チンクエテッレに住みに行こう!