帰国後談話 その24・・・ファエンツァ、街の中心へ

c0101985_1952399.jpgc0101985_1954131.jpg茶色い街並みをてくてくと通っていくと、遠くに鐘楼が見えた。
きっとあそこがドゥオーモがある街の中心だ。目指そう。

途中、ホアン・ミロのパクリみたいなオブジェを道の脇に発見。一応写真に収めた。陶器の街だから、これもきっと陶器なんだろうねえ。

ファエンツァは、もっとこぢんまりした石畳の古い街並みを想像していたけれど、道はほとんどアスファルトだし、思っていたよりはずっと新しい感じだった。

日本人はちょっと珍しいのか、たまにじろじろ見られた。
でも、意味もなく手を振ったり無邪気に挨拶をしてくるようなおじさんはいなかった。
さすがに北の人々は「普通」な感じです。
[PR]
by agrumi | 2007-12-31 20:05 | 回顧と逃亡の西伊


<< 帰国後談話 その25・・・変な看板 帰国後談話 その23・・・ファ... >>