帰国後談話 その19・・・Bata

c0101985_1164363.jpgそんなポルティコに紛れ込んで、チェコスロバキア生まれの靴屋、お馴染みのBataも発見。
前からここにあったかどうか…記憶にない。しかしイタリアに行けばどこの街にもあるくらいの、毎日履く普段靴の店。

店を見るだけでなんか嬉しくなってしまう。
Bataは日本に入ってないから、私にとってすごくイタリア的なものなんだけど、Bata自体は世界的なもので、特別イタリア!っていうのものではありません。

次に出会うときには買うからねぇ~。今回はさようなら、でした。
[PR]
by agrumi | 2007-07-04 03:31 | 回顧と逃亡の西伊


<< 現地レポート29・・・あの店 帰国後談話 その18・・・ボロ... >>