帰国後談話 その2・・・ADOLFO DOMINGUEZの鞄

c0101985_21561627.jpgc0101985_21564349.jpg

















しつこいようだけど、ADOLFO DOMINGUEZです。なんていうか、まあそれだけ感動っていうか、わたし的にはこの店の上に泊まったというのが、なんだかすごく嬉しかったんだな。はじめてDOMINGUEZを知った場所でもあるしね。

2003年の夏、ここでこの店をみつけて、なんておもしろい服が売っているんだろうと思い、日本で店舗を探し始めたのが現在の銀座店にお世話になるきっかけだったわけで、思い出のある場所なのだ。

c0101985_2213064.jpgc0101985_2214838.jpg見とれた鞄はこの2パターン。

本当は右側の黒っぽいやつの方がいいと思ったんだけど、店内で手に取ってみてみたら、内側のチャックが思いの外低い位置についていて、これじゃA4が入らないのであきらめた。

買ったのはこの赤い鞄の黄色バージョン。

ただ横長なのでラッシュの電車に乗る時には邪魔になるから肩から下ろさないといけないし、必要以上に大きいので職場のロッカーにはかなり無理矢理に押し込まないと入らない。
でも、いいことにした。
鞄探しは終わらないけど、これはこれで買って楽しむことにした。

自分へのボーナスご褒美! ・・・って、iPodは? PCは? 旅費は?  えっと・・・
[PR]
by agrumi | 2007-06-30 22:15 | 回顧と逃亡の西伊


<< 帰国後談話 その3・・・どでか... 現地レポート6・・・ランブラス通り >>