現地レポート39・・・モデナ

c0101985_19574481.jpg

モデナは落ち着いた静かな街だ。
てくてく散策にちょうどよい。
STEFANELも発見。ウィンドーの薄手の白いジャケットがかわいかった。買い物はしなかったけど、見つけただけでなぜか達成感。

ドゥオーモはフェッラーラのと似てる。フェッラーラを追われたエステ家がその後統治したというから街の雰囲気は似てるのかも。
だけど、ファサードは修復中。完全に全面が覆われている。自慢の薔薇窓も幕の中。仕方がないので88mを誇る鐘楼を撮影。

バルサミコ、味見させてもらって買った。濃厚でプルーンみたい。8年ものと9年ものを購入。7年ものは日本でもそれなりに買えそうだったので却下。あとバルサミコ・ビアンコという2年ものも珍しかったので味見したら、なかなか面白かったので買ってみた。
ワインも一本。地元の赤が欲しいと言ったらランブルスコを見せられたけど、発泡ワインなんて持って帰る自信ない…。きっと開けたら爆発する。
発泡でない方がいいと言ったら何本か紹介してくれた。
私が選んだのはボローニャのカベルネ。
イタリアのカベルネはヒットが多いし、いまだかつてエミリア・ロマーニャのカベルネなんて聞いたことない。そんなものに魅力を抱く日本人はまだ少ないだろうから、日本でも売っていなさそうだし。おいしいかどうかは飲んでからのお楽しみ。まずくても話題になりそうで面白そうでしょ。

正当派ワインはSさんに頂いたリオハのレゼルバがあるので、帰国後食事会に出席予定の皆さま、お楽しみに。ボローニャのカベルネは果たしてかついで帰る価値があったかどうか…。

それにしても、これらはどうやってスーツケースに詰めるんだろう。
なんとなく、あの、短縮ウツボと化したアイナメが脳裏に浮かぶわけだけど、瓶は縮まらないよね…。

【7/5 12:00】
[PR]
by agrumi | 2007-07-05 19:57 | 回顧と逃亡の西伊


<< 現地レポート40・・・昼食 現地レポート38・・・最後の一... >>