現地レポート35・・・陶器の店

c0101985_2291025.jpg

いくつか店を周ると、どの店にもある安い土産無もの用と、ある程度オリジナリティーのあるものとが見分けられるようになる。
しかし、所詮は素人。
善し悪しの決め手は好み。
ああ、いいなあ、と思って目をつけていても、もう一度行ってみると、たいしたことなく買うほどでもなかったりする。
結局自分の皿を一枚と、弟夫婦とかねてから約束していたワイン栓と受け皿のセットを買っただけ。
12:30か、遅くても13:00には閉まってしまい、あとは16:00まで待たないと開かないイタリア店事情の中で、まあ頑張った方でしょう。
ファエンツァで陶器を買いたい、という念願はかなった。
店内でデモンストレーションをしながら売っているところもあって、写真を撮らせてと言ったら見栄えがいいように整頓してくれた。
別の店ではPalra beneと言われ、ちょっと嬉しくなる。決まったフレーズは上手に言えるようになりました。
もっと、ゆっくりたくさんの店を周って職人さんたちと話せたらもっと楽しいだろいな。

昼食はファエンツァのオステリアでとったけど、頼んだクロスティーニがでかすぎて食べ切れず、途方に暮れてたら持ち帰れるようにパックしてくれた。感じのいい優しいお姉さんだった。
タマネギと生ハムのクロスティーニ、ナスのパッパルデッレ、野菜のグリル、と頼んだら驚いた顔をされたから、多すぎる?ときいてみた。
すると、お腹が空いてればいいけど、クロスティーニとパスタの後、食べられるならその後で野菜のグリル を頼んだら?と勧められそうしてみるが、クロスティーニさえ食べ切れない始末。彼女にかわいらしい日本のクロスティーニを見せてあげたい。

帰りは鈍行で40分ほどの車窓を楽しみます。
イタリアらしい、冷房のない窓全開の2等車です。

ファエンツァでまる一日粘る元気はない。
ボローニャに帰ります。

【7/4 14:38】
[PR]
by agrumi | 2007-07-04 22:09 | 回顧と逃亡の西伊


<< 現地レポート36・・・サンべネデット 現地レポート34・・・i 発見! >>