その19 ラヴェッロ・フェスティバル

c0101985_2220183.jpgワーグナーが愛した街、ラヴェッロでは、芸術関係のフェスティバルがよく行われるらしい。5年前もワーグナー音楽祭というのが開催されていた。

今回も、ラヴェッロ・フェスティバル2009というのの開催中らしく、いろんな催しのポスターが、ラヴェッロのバス停を降りてすぐのトンネルの両脇に並んでいた。

いろんな国の芸術家たちが並ぶ中に、東洋人らしき人のポスター発見。近寄ってみると宮崎駿氏だった。
彼のアニメはヨーロッパではたしか高い評価をうけていたはず。
って、日本でももちろん評価されてますけどね。

c0101985_2223084.jpg
『崖の上のぽにょ』はイタリア語だと"Ponyo sulla scogliera"と、そのまんまだった。

麻生さんはアニメ好きで、アニメをもっと日本の産業に、みたいな発言をした時、どっかの官僚だか閣僚だかに非難されてたけど、日本人は日本のアニメが海外で芸術として高く評価されていることをよく知らないんだな~と思ったりする。
こうしてみるとクラシックや現代アートなんかと同列な扱いなんだから、もっと価値を見直してもいいのにな。。。と思うけど。
日本での芸術の地位は低いからなあ・・・・
[PR]
by agrumi | 2009-07-17 22:35 | 再び私のアマルフィ


<< その20 Paesaggio その18 ラヴェッロ チンブローネ荘 >>