その9 エメラルドの洞窟

アマルフィからモーターボートに乗ってエメラルドの洞窟の前まで来たら、小舟に乗り換えて洞窟に入る。5年前と同じ案内人が5年前と同じように歌いながら洞窟を案内する青の洞窟もどき、青じゃなくて緑の洞窟。小舟に乗り換えてから、案内人のおじさんが一番後ろに座っている3人の東洋人に英語でいいか、ときいてきた。
基本はイタリア語だけど、私たちのためにイタリア語と英語とでガイドしてくれようというところだったが、どのみちどっちもよくわからないのでわざわざ英語を話してもらうまでもない。
私が大きな声で小舟の前の方からこちらを見ている案内人に"Palro l'italiano un po'."というと、他の乗客たちからちょっとした笑いが起こった。
舟ではおじさんの歌声に合わせてみんなで合唱。全部で10人ちょっとくらい。うちの父も、一緒になって歌ってました「帰れソレントへ」。

そういやナポリでは卵城でナポリの街を眺めながらipodで「O sole mio」をきいて気分を盛り上げたんだけど、父は一緒になって歌っていたので人にきかれちゃちょっと恥ずかしい、と私はきょろきょろしてしまった。自分にはパヴァロッティの歌声が聞こえてるけど、きいてる側は微妙^^;
楽しんでいただいているようでなによりなので止めはしませんでしたが。

c0101985_11184856.jpg
エメラルドの洞窟、こんな感じ。とっても水が澄んでいて深く底の方まで岩が見えてた。これはなぜか前回よりも今回の方がきれいに見えたし楽しく感じた。一緒に乗ったお客さんたちのノリがよかったからかな。

洞窟は涼しくて最高。これで満足して、もう、わざわざカプリ島の青の洞窟に行かなくてもいいか、という堕落モード。いいわよ、いいわよ、のんびりしましょう、ってな感じで、や~、これぞバカンスですな。

【現地時間 14日 17:00】
[PR]
by agrumi | 2009-07-15 00:02 | 再び私のアマルフィ


<< その10 海からのアトラニ その8 エメラルドの洞窟へ >>